Top >  子ども(乳幼児)の涙“ナゼ?” >  子どもの泣き真似 

子どもの泣き真似 

ナゼ?子どもが泣き真似をする


子どもの涙に大人は弱いですよね^^;


しょうがないなぁ。。^^*

なんてついつい甘くなってしまいますw


それは両親だけじゃなくて周りにいる大人

みんなに言えることだと思います。


もちろん保育士である私も例外ではありませんが☆


子どもって何も分からないと

大人は思いがちですが、

毎日いろんなコトから吸収していますよ!


目から耳からとにかく周囲から

日々学んでいるんです^^*


乳児期から泣けば不快を排除してくれる、

お腹を満たしてくれる、愛情をもらえる、、、


両親にとっては当たり前にしてきた行動も

全ては子どもの涙からですよね。


子どもは泣くのが仕事なので

本能で涙でうったえるのですが、

体の成長と共に知能も成長してきます。


幼児期になるにつれて

「自分に手をかけてほしい」

という欲求も自然に芽生えてきます。


乳児期に比べて段々と手がかからなくなり

両親だったり、周囲の大人は助かりますよね☆


でも子どもの欲求や自己主張が芽生えてくるのは

乳児期から幼児期へ移行する時期です。


ちょうどその時期に泣き真似をする子どもが

多いんですよ!


泣き真似を見慣れると、すぐに気付くのですが

見慣れるまでは「泣き虫になったな。。」

って風に思いがちです;


泣き真似のほとんどは涙が出ていないんです^^;


泣けば大人が手をかけてくれる

こんな思いから泣き真似が出現するんですよ。


たまーに演技派の子どもなんかは

ホントに涙を流しますがw


些細なコトで泣いている時や

いつもと泣く様子が違う、

そんな時はよーく子どもを見てみて下さい。


声は泣いているけれど涙は出ていますか?


目を手で覆っている隙間から

大人を見ていませんか?


泣き真似だ!!と気付いても

叱らずに抱きしめてあげたり、

優しく声をかけてあげてくださいね☆


泣き真似が癖になって困るという声もよく聞くので、

「泣き真似しないで、ちゃんとお話ししようね」

「泣き真似されちゃうと困るなぁー」


こんな感じに優しくなだめてあげると

自然になくなりましたよ^^*

         

子ども(乳幼児)の涙“ナゼ?”

子育てに“ナゼ”は付き物ですよね。

保育現場にいると保護者の方から
いろいろな“ナゼ?”を相談されます。

多くのパパ・ママが“ナゼ?”と感じている
疑問を掲載していますよ☆

このカテゴリ内の記事


妊娠と子どもの様子 
後追いの涙  
子どもの泣き真似 
人見知りで泣く 
男性に抱っこされると泣く  
母親の精神不安 
どうして泣いているの?
涙をコントロール 
父親では泣き止まない 







Yahoo!ブックマークに登録