Top >  子どもの涙いろいろ >  悔し涙

悔し涙

悔し涙って大きくなるにつれてよく見られますよね。


特に多感で自己主張も発揮する小学生くらいから

我慢も覚えますから悔し涙も見られます。


でも悔し涙を流しているのを見ると

子どもの成長を感じますよね^^*


我慢しなくちゃいけないコトなんだけど、

我慢したくない気持ちもある...

でもやっぱり我慢しなきゃいけない。


そんな気持ちの時の涙が悔し涙ですよね。


欲しいモノが手に入らない時・・・

勝負の時に負けた時・・・


さまざまな場面で該当する涙ですよね。


大人でも悔し涙はありますから^^;


そこそこ精神面で発達が見られてから表れるのが

悔し涙と思いがちですし、実際そうなんですが

悔し涙は1歳からでも見受けられるんですよ。


家庭でみている子どもだと、

自分の自由に遊びでも何でもできます。


しかし、保育園・幼稚園等の集団生活の場になると

我慢しなければいけないコトが自然にあるんです;


集団生活になると一対一でみてあげるということは

まず無理ですよね^^;


1歳だと精神面でもまだ発達途中というか

発達スタートの時期です。


そんな時期に悔し涙なんてあるのか不思議に思いますよね;


1歳ですから悔しくて泣いているというよりは

欲求不満で泣いているといった方が

解釈しやすいかもしれませんね。


他児と関わる中でちょっとしたトラブルは付き物です。


例えばオモチャを取られてしまった・・・

好きな先生が自分を抱っこしていたのに他の子を抱っこした・・・


若干、ヤキモチも入っていますが

1歳の子どもからすると悔しいんです^^;


乳幼児期からすでに“悔しい”という気持ちを経験し、

気持ちをドンドン成長させていくことで

悔し涙を覚えていくんですよ^^*

         

子どもの涙いろいろ

子どもの涙に振り回されない為には
まず涙を知ること!!

子どもの涙の代表原因を掲載しています^^*

このカテゴリ内の記事


不快感からの涙
気温・室温が原因の涙
不安からの涙
体調からの涙
痛みからの涙
悔し涙
眠気からの涙
甘えの涙







Yahoo!ブックマークに登録