Top >  乳幼児を泣きやませるアイディア >  おしゃぶり

おしゃぶり

数年前までは、おしゃぶりを

あまり与えない方が良いと言われていました。


しかし、最近では鼻呼吸の癖づけにもなり

使用する子ども増えています。


おしゃぶりですからある程度の年齢で

止めさせた方が良いものです。


1歳半位までは、

泣きやませるアイテムになります☆


まだミルクや母乳を飲んでいる年齢ですから、

おしゃぶりをくわえていることで

安心して泣きやむ乳児が多いんですよ^^*


ミルクの場合だとちょうど口に加える部分と

おしゃぶりの感覚がにていますしね☆


母乳の場合でも母親の乳首を吸っている感覚と

似ているので、おしゃぶりで安心感をもてる

乳児が多いんですよ☆


おしゃぶりを愛用している乳児の大半は

空腹等の理由がない限り、泣いても

おしゃぶりを与えると泣きやむことが多いんです!


眠るときもおしゃぶりがあれば

チュパチュパしている間に入眠する乳児が多く、

保育園でも助かるのが本音です^^;


おしゃぶりを持ってくるのを忘れたりされると、

なかなか泣きやんでくれずに逆に大変だったりしますが。。。


乳児には便利なアイテムですが

中にはおしゃぶりを好まない乳児もいるので

様子をみながら上手く使っていきたいですね^^*


月齢に応じておしゃぶりの形も

微妙に違うのが売られているんですよ☆


長く同じものを使っていたりすると

ゴム製品なので変色したりしてきます;


口にいれるものなので清潔なものを

与えてあげたいですよね☆


おしゃぶりを好む乳児であれば

いくつかストックがあると安心ですよ^^*

         

乳幼児を泣きやませるアイディア

子どもといっても乳幼児対象のアイディアです!

まだダマシが効く乳幼児ならではの
泣き止ませるためのアイディアを掲載しています☆

このカテゴリ内の記事


ザーザー
ガサガサ
おしゃぶり

絵本
ドライブ
愛情







Yahoo!ブックマークに登録