Top >  子どもの涙いろいろ >  不快感からの涙

不快感からの涙

子どもが泣くときには必ず理由があります。


その理由は様々で、大人が理解できる範囲から

超えていることもありますよね^^;


何が原因で泣いているのか分らない。。

でも子どもの涙には、

ちゃんとした理由があるんですよ。


涙の理由の全てを大人が理解するのは不可能です。


しかし、こんな時に子どもから

涙が出るんだなぁと知っておくことで、

少しでも子どもの気持ちが理解できますよね☆


言葉が話せるようになってくる幼児でも

泣いてしまうときちんと理由が言えない子って多いんです。


泣いてしまうと泣く気持ちが先走ってしまい、

言葉にするのが難しいんですよ。


大人でもそうじゃないでしょうか?


感情的になって泣いている時に

理由を聞かれたって話しにくいですよね。


子どもも同じなんですよ。


子どもが泣きたくなるときの

気持ちの多くは、不快感からの涙なんです。


子どもといっても不快感からの涙は、

2歳児くらいまでの子どもに多くあります。


まだ言葉で気持ちを上手に伝えられない年齢ですからね。


オムツがぬれていたり、汗をかいていたり、

洋服が窮屈だったり。。。

不快に思う時にとにかく泣きます;


0歳ー2歳前半までの子どもには

不快なコトが体に起こったら

“泣く”ということがインプットされているんです。


本能のままに気持ちを表現するんですね。


不快感を子どもから取り除いてあげることで、

涙ではなく笑顔にすることができますよ^^*

         

子どもの涙いろいろ

子どもの涙に振り回されない為には
まず涙を知ること!!

子どもの涙の代表原因を掲載しています^^*

このカテゴリ内の記事


不快感からの涙
気温・室温が原因の涙
不安からの涙
体調からの涙
痛みからの涙
悔し涙
眠気からの涙
甘えの涙







Yahoo!ブックマークに登録