Top >  子どもの涙いろいろ >  体調からの涙

体調からの涙

子どもでなくても体調が悪いと

どうしようもなくて辛いですよね^^;


でも大人ならば辛さを和らげる術を知っていたり、

病院に行ったりと自分でどうにか出来ることもあります。


でも子どもは自分の体調を、

言葉で上手く説明することは出来ません;


年長児や小学生にもなれば少しは訴えることが出来ますが、

どうしようもなく体調が悪いとそれも困難なんですよね。。


私も小学生の時にどうしようもないくらい

喉が痛くなったことがあり、

喋ることができず泣いて訴えたことがあります。。。


体調が悪いというと発熱の有無を確認しがちですが、

熱が無くても体調が悪いことって

子どもにはよくあることなんですよ!!


熱が無くても普段と様子が違ったり

顔色が冴えなかったりする時こそ

子どもにとっては辛いんです。


自分の体がダルイという感覚が

子どもにとっては不安で、自分では

どうにも出来なくて涙が出たりします。


逆に熱があるのに元気な子どももいます。

熱のせいでハイテンションになる子もいますからね^^;


まだ言葉で体調を訴えることが出来ない子どもは、

両親だったり周囲にいる大人が

気付いてあげるしか助けることは出来ません。


いつもと少しでも様子が違ったら

体調が悪いのかな?と注意して様子をみてあげましょう。


体調が悪いことで、精神的に

不安定になってしまうのも子どもですからね。。

         

子どもの涙いろいろ

子どもの涙に振り回されない為には
まず涙を知ること!!

子どもの涙の代表原因を掲載しています^^*

このカテゴリ内の記事


不快感からの涙
気温・室温が原因の涙
不安からの涙
体調からの涙
痛みからの涙
悔し涙
眠気からの涙
甘えの涙







Yahoo!ブックマークに登録